会社概要

ABOUT US

ご挨拶

「モノづくり」を通して「人づくり」

当社は、1990年10月、東北の玄関口であり、交通の要衝でもある福島県福島市にて創立されました。
創立時より、自動車用ワイパーブレード製造に携わり、得意先様のニーズに総合力でお応えすることにより、得意先様とのパートナーシップ・信頼関係を築いて参りました。
当社のビジョンは「日本一のピカピカ輝く町工場」です。
ピカピカ輝くのは、建物、製品、設備等はもちろんのこと、人です。ビジョンの実現にはまだまだ道半ばですが、働いている社員さん一人ひとりが輝ける会社であるように「人づくり モノ造り」の創業の精神を発揮しながら、人財育成に励んで参りたいと存じます。

取締役社長 高橋英之

会社概要

社名
アイテック株式会社
創立
1990年10月1日
資本金
2000万円
従業員
男性32名・女性35名 合計67名(2018年10月現在)
代表者
代表取締役 高橋和之
所在地
本社工場・技術センター
〒960-2156 福島県福島市荒井字横塚11-80
TEL:024-593-1151(代) FAX:024-593-1156
物流センター
〒960-2153 福島県福島市庄野字一本柳1-10
帝北ロジスティックス 西物流センター内
TEL&FAX:024-573-6685
主な取引先
株式会社デンソーワイパシステム
株式会社デンソーソリューション

企業理念

AYとTECは車の両輪

AYは愛(アイ)。人や社会、自然とコミュニケーションする私たちの「こころ」の領域。一方、TECは技術(テック)の領域。どちらの領域も豊かでうるおいのある生活を営むために大切な要素です。 アイテックはお客様の声に耳を傾けながら、この両輪をバランスよく回転させ、未来を切り拓いていこうという私たちの姿勢です。

アイテックの理念

[創業の精神]
人づくりモノ造り
[ビジョン]
日本一のピカピカ輝く町工場
[社是]
ともに学び 共にはえる
[経営理念]
1.顧客満足 -私は仕事を通して社会に貢献します-
1.技術革新 -目標を掲げ技術力を磨きつづけます-
1.自己実現 -職場環境の中で個の充実を目指しますー

自然との共生

自然との共生技術の進歩に伴い、私たちの生活が便利になった半面、自然環境への負荷が大きくなっているのも事実です。
私たちはひとりで生きているのではなく、さまざまなものに支えられながら生かされ、 生きている感謝のこころが根底にあります。
ここ吾妻連峰の山麓に社屋を建設したのも自然との共生を仕事を通して感じたいからです。
春には水芭蕉や桜、花桃が咲き誇り、夏には蛍が舞い、秋には紅葉を眺める。
日々、自然の移り変わりを感じられる環境への感謝。
自然との共生、それはアイテックの願いです。

企業沿革

1990年4月
日本ワイパブレード株式会社様(現 株式会社デンソーワイパシステム様)と取引開始。
福島県福島市野田町でウィンターブレードの生産開始。
1990年10月
資本金800万円で会社設立・生産拠点移転。
1991年4月
福島市南中央に福島事務所を移転。
1995年8月
福島西工業団地に福島西工場を移転。
ウィンターブレードの製品梱包工程が加わり、一貫生産体制となる。
1995年10月
資本金1.000万円に増資。
1997年8月
福島市荒井字横塚11-80に本社工場建設、本社を移転。
1997年10月
資本金2.000万円に増資。
2001年11月
オリジナルブランド炭「七福炭」発表。
「SUMI SHOP 七福炭」開店。
2002年6月
ボッシュ株式会社様と取引開始。
2002年12月
雨用ブレード(市販向け)の本格生産開始。
2003年1月
物流部門(製品の倉庫管理、全国向け出荷業務)開始。
2003年4月
株式会社大沢商会(現 株式会社デンソーセールス)様と取引開始。
2003年8月
物販専門店「こだわり館」開店。
2005年7月
インターネット通販店「こだわり館.com」開店。
2006年4月
中空リベットかしめ機特許権取得。
2010年7月
簡易空撮気球「ひばりは見た!」販売開始。
2010年8月
雨用ブレード(メーカー向け)移管生産開始。
2012年8月
エアロスノーワイパーブレード生産開始。
2013年6月
新型ウィンターブレード(雪用デザインワイパー)生産開始。
2014年2月
新型ダブルヘッド式カシメ機の稼働開始。
(経済省先端設備補助金採択事業)
2017年3月
物流センター開所。